アニメーター

アニメーターは誰の言う事を信じればいいのか?

アニメーターに限らず、人は誰かから「指導」や「答え」を求めます。

経験者による前例や指針、参考がないと不安だと思います。

しかし、誰かを信用する時は注意すべきことがあります。

私がアニメ業界で感じた危険性、注意点をまとめました。

 

画力と人格を同一視しない

アニメーターは実力主義のため、年齢や地位に関わらず、作画技術の高い人が優遇されます。

 

なので、

アニメーターは、自分より絵の上手い人の話しか聞かない傾向にあります。

 

憧れのアニメーターや、そばにいる絵の上手い人の話は聞くけれど、

自分より下手だと思った人の言う事は価値がないと思いがちです。

これはとても悲しく、危険なことです。

 

何故かというと

アニメーターの画力と人格は同一ではないからです。

 

アニメーターに大切なのは画力だけではありません。

人と会話する能力、思考する能力、その他にも絵以外の能力がたくさん求められます。

 

なのに「絵が上手い人」というだけで神格化し、妄信してしまうと、その人の言ってることは全て正しいと考えてしまいます。

 

「他人を妄信すること」は「自分で考えること」を奪います。

仮に指導者が優秀な人であっても、教わる事だけ行い、考えることを放棄してしまった人に成長はありません。

ましてや指導に問題のある人の場合は最悪です。

成長しないどころか精神を破壊される可能性もあります。

 

もちろん絵も上手く、素晴らしい人格者のアニメーターもいますが、

「絵が凄く上手いけれど人格に問題がある」、という人はたくさんいます

 

そんな人からは「絵のみ」を参考にすればいいのですが、出来ればすぐに距離を取るべきです。

「人格が合わない人」はそばにいるだけで心に悪影響で、自身の絵にも影響します。

心が健康であることが、絵の修練の効率にも影響します。

 

念のため補足すると、

下手な人の話を聞けという意味ではありません。

上手い人の言う事を妄信してはいけない、ということです。

あわせて読みたい
考えが古いままの人の話「考えが変わらない」というのは場合によっては美徳とされますが、 一方で大変危険なことでもあると思います。 そう思う出来事がいくつかあ...

参考にすべき人はアニメーターだけとは限らない

憧れの人、参考にしたい人を持つことはとても重要で、絵の上達に大きく影響を与えます。

だからこそ、誰を参考にするのかは大事です。

作画だけに関して言えば、「自分の好きな絵」「描きたい絵」を参考にすれば大丈夫です。

 

しかしそれ以上に私が大事だと思っていることは、

「生きかた」「考え方」を参考にする人を見定めることです。

 

もちろん必ずしも誰かを参考にしなくても良いので、「参考が欲しい!」という場合の話です。

これに関しては対象がアニメーターである必要は全くありません。

 

「この人の生き方に憧れる」「この人の考え方や価値観は自分に近い」

という人がいることで、

万が一絵が描けなくなったり、アニメーターを辞めたりした時も自分の指針となり、

自分の考え方を見失わずにすみます。

 

人は考えや行動も変化していくので、すでに亡くなっている人や過去の偉人などでも大丈夫です。

なので本来は「人」よりも「考え方」を参考にしたほうが良いです。

 

出会いは縁も影響するので、たくさん本を読んで「好きな考え方の人」を探すのも良いかもしれません。

あわせて読みたい
【クリエイター向け】就職する前に読んでおくべきオススメ本一旦働き出してしまうと、本を読む「体力」と「時間」がなくなります。 なので仕事以外のインプットは自分で無理やり時間を作らなければなりま...

誰も自分の人生に責任をとってくれない

アニメーターは作画の事だけ考えてればいい

という主張の人もいるかと思います。

特に絵の上手い人、業界歴の長い人に多いです。

 

しかし、一生アニメーターとして生きていくのは難しく、作画のことだけ考えていてはいつか生活が破綻します。

しかしその時、「頑張って続けろ」と言う人も「辞めろ」と言う人も責任はとってくれません。

 

そもそも、詐欺でないぎり誰に何を言おうと、その人は責任をとる必要はないのです。

それを聞き、判断し、実行した本人の責任になります。

場合によっては騙すつもりで近づいてくる人間もいます。

 

だからこそ、人の発言に簡単に惑わされず、

何を信じ、何を疑うか、自分で判断する心構えが常に必要なのです。

 

もちろんここでの私の発言も同様です。

私の発言も、信用できる部分は信用し、信用できなければ妄信してはいけません。

参考にすべき人

私の考える参考にすべき人物像は、

画力などの技術(才能)だけでたまたま生き残った人ではなく、生き残るために常に計画的に行動している人です。

常に自分なりの計画や、考え、目的、野心のために行動してる人は強く、そしてブレません。

 

もし誰かを参考にするときは、「この人の言う事なら間違いない!」と妄信してはいけません。

時に疑い、時に自問し、参考になりそうだなという部分だけを利用する。

そのくらいがちょうど良いと思います。

 

無理に自分にとっての神様を作る必要は無く、

自分が参考にしたい事柄に合わせて、参考にする人を変えることが大切です。

対象を無理に一人に絞る必要は無く、多くの人や価値観から、自分に合った事柄を学びましょう。

あわせて読みたい
アニメーターになりたい人が知っておくべきこと(1)アニメーターを目指している人の悩みはほとんどが技術的なことです。 「自分の実力でアニメーターになれるか?」 それしか考えていない状態...
あわせて読みたい
アニメーターは何故、反乱を起こさないのか?アニメーターは過酷な労働環境で、収入は低く、離職率がもの凄く高い仕事です。 そんな劣悪な環境下でありながら、アニメーターは待遇に文句は...
あわせて読みたい
絵が上手いほど評価されるとは限らないアニメーターは日々、長時間絵を描き続けます。 そうすると、絵を描くこと以外に何も考えられなくなる人が多数出てきます。 そんな人は「絵...
ABOUT ME
bebe
bebe
元アニメーターの経験を元に『アニメーターになる前に知っておくべきこと』を伝えます。