その他

私がアニメーターになるまでの話

私はアニメの専門学校卒でも美大卒でもありません。

高校卒業するまで絵を専門的に学んだこともなく、

趣味でもほとんど絵を描いたことはありませんでした。

そんな私がアニメーターになるまでの学生時代のことをまとめました。

今アニメーターを目指している人の参考になればと思います。

絵を描いたことのない高校性時代

私が小学校、中学校、高校で絵を描いた経験といえば、

図工や美術の授業。

教科書の偉人に落書き。

それまでの絵の経験はその程度です。

決して絵は上手くない、というより下手に分類されていました。

 

高校卒業後のことを考えた時、

「自分の好きなこと」を真面目に考えたことも、

実践したこともないことに疑問を覚えました。

 

そして今までの学校の授業で一番楽しかったのは「図工」だと思い、

総合大学の芸術学部に入学しました。

 

ものを作ったり、絵を描いている時が楽しく、

「勉強をしている」という感覚がまったくありませんでした。

それだけをやっていられる時間、空間に触れてみたかったのです。

 

そう思ったものの、具体的にどんなものを作りたいのかは、

自分でもわかりませんでした。

 

自分に何ができるか?

何が好きなのか?

経験がないので自分の欲もわからなかったのです。

 

なので専門的な学校ではなく、浅く広く学べそうな大学を選びました。

 

絵を描く楽しさを知った大学時代

大学では様々な授業がありました。

美術史、デッサン、油絵、水彩、日本画、版画、彫刻、陶芸、写真。

今まで触れたこともない分野の授業があり、とても刺激的でした。

 

芸術分野の授業もおもしろいのですが、意外なこともありました。

今まで興味を持てなかった普通科目(英語など)も楽しく感じたのです。

 

高校と違い、大学ではどの授業を受けるのか自分で決めます。

同じ科目であっても、

「自分で『これを学びたい』と思う」ことと、

「仕方なく授業を受ける」ことでこんなにも勉強の楽しさに差がある。

その事実に気付けたことは今でも大きな財産になっています。

 

同好の者といる空間

これは芸術学部にいたからこそ起きたことですが、

クラスメイト全員が絵を描くことが好きで、

アニメ、マンガ、などに差別的な感情がありませんでした。

 

そんな中で趣味の合う友人もできました。

そういった場でできた友人には、自分の好きなものを好きと言うことに気を使わなくていい。

そして自分と同じようなものを好きな人が近くにいることの心強さ。

この感覚、そして友人そのものが、大学にきて一番の収穫でした。

 

近所に住んでいるからという理由で集まる中学や高校とは違い、

少なからず芸術に興味のある人間が集まります。

「絵が好き」というだけで異端のような目で見られることはありません。

 

また、「絵が好きな人はこんなにたくさんいる」という事実を身をもって知ることで、

「自分が絵を好きなこと」に自信がもてました。

おかしなことではないんだ、と。

 

圧倒的画力との出会い

どんな組織にも、なぜか飛びぬけた実力をもった者が一人はいます。

大学で出会った友人の一人がまさにそうでした。

とても無名の大学にいるようなレベルではないのですが、

しかしそのおかげで私はその規格外の画力を近くで観察できる機会を得ました。

 

絵が上手い人は何を考え、どう描いているのか?

それを友人という距離で聞ける、見れるのは貴重な体験でした。

 

友人は大学では一日中絵を描いていました。

しかし、家に帰って行うのは情報収集です。

ネットで絵の上手い人の作画工程の動画やインタビューを見たり、

画集やマンガを買って読みこんでいました。

 

絵と関係ないことも、興味のあるものは徹底的に調べる。

それゆえに会話の引き出しが多くなり、知識の質と量が上がる。

 

そして自分の好きな、凄いと思う絵描きの絵を模倣、模写しまくり、

何も見ずに描いても本人との違いがわからないレベルまで描き込んでいました。

 

その友人の行動から、絵の上達で大切なのは

画力を上げたいならば絵のことばかり考えていてははいけない

ということを学びました。

 

そして無計画に書きまくるのではなく、

情報収集をたくさんすることと、

模倣を圧倒的物量でこなすことのたいせつさを学びました。

アニメーターを志す

大学在学中に私はアニメに興味を持ち、大学の授業でアニメを制作。

本当は5~10枚のスライドショーを作る授業だったのですが、

勝手に数百枚描いてアニメにしました。

 

教授には怒られましたが、経験としてはとても有意義でした。

数秒のアニメを作るのがどれほどた大変か知ることができました。

(すべて独学で作り、3コマ打ちなどの知識がなかったので

 全て1コマ打ちだったりしました。)

 

すっかりアニメ作りに興味をもち、卒業直前にアニメーターを目指すことを決意。

卒業後に上京し、ほどなくアニメーターとなりました。

 

大学で商業のアニメーション作りのノウハウは一切学んでいませんが、

アニメーターになってからも大学で得たものは活き続けました。

 

今アニメーターを目指している人の多くは学生だと思いますが、

その時にしか学べないことを学ぶと、その後に活きます。

 

アニメーターを目指すからといって絵だけ描ければいいわけではありません。

様々なものに触れ、それでもアニメーターになるべき理由がある時、

アニメーターを目指してみてください。

ABOUT ME
bebe
bebe
元アニメーターの経験を元に『アニメーターになる前に知っておくべきこと』を伝えます。