オススメ商品紹介

【クリエイター向け】就職する前に読んでおくべきオススメ本

一旦働き出してしまうと、本を読む「体力」と「時間」がなくなります。

なので仕事以外のインプットは自分で無理やり時間を作らなければなりません。

だからこそ、働き出す前にたくさん本を読んだほうがいいです。

そして過去の自分に対して「時間を作ってでも読んでおけばよかった」と思った本を紹介します。

絵の描き方を学ぶ

絵を学びたい人に「最初に読むべき技術書」としてオススメなのが、

室井康雄 著『最速でなんでも描けるようになるキャラ作画の技術』です。

 

絵の描き方、キャラの描き方、パースの描き方、背景の描き方。

今はいろんな技術書がたくさんある中、この本は、

「絵が上手くみえるとはどういうことか?」というのを理論的に教えてくれる本です。

 

アニメーターの方が書いている本ということもあり、アニメーター志望者には特に有益な本になっています。

もちろんアニメに限らず、絵を描く人全般に価値のある本です。

 

「絵を描くのが楽しい」から「もっと上手く描きたい」へ気持ちが変わってきた人や、絵を全く描いたことがないけど上手くなりたい人にオススメです。

クリエイターの精神を学ぶ

クリエイターの精神、思考を学ぶなら、

オースティン・クレオン著『クリエイティブの授業』がオススメです。

 

クリエイターとして効率よく学び、健全な精神でモノ作りができるコツがたくさん書かれています。

 

「どんなものを作るか」ばかりを考えがちなクリエイターだからこそ、「どんな環境で、どんな発想でモノをつくるか」という面を考えることで他のクリエイターと差がつきます。

 

経営について学ぶ

初心者向け

クリエイターの種類にもよりますが、仕事である以上、「経営」についての知識は重要です。

 

クリエイターは芸術家肌の人が多く、「良い作品をつくること」しか考えていない人が多いです。

すると「良い作品を作れば評価され、売れるはず」と連想してしまいます。

そういった安易な発想では経営は成り立ちません。

 

特にフリーランスのクリエイターになると、自分自身が会社そのものになります。

そうなると会社の経営の知識は必須になるのですが、モノ作りしかしてこなかった人が無策で会社経営を運営できるはずもありません。

 

そして経営のことが全くわからない状態から学び始めるなら、

岩崎夏海 著『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』

がオススメです。

 

高校野球を例えに、非常にわかりやすく「経営」を教えてくれます。

ストーリー性があるので読みやすく、内容も頭に入りやすいです。

本格的に学びたくなった人向け

上記の『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』

で経営に興味を持ったら、その元ネタである

ピーター・F・ドラッカー著『マネジメント-基本と原則』

もオススメです。

 

一般企業ではこの本を必読とする会社もあります。

そのくらい経営の基礎、常識が詰まっています。

そしてこの基礎、常識がなされていない会社があまりにも多いことにも同時に気付けます。

つまり自分の所属している会社の異常性に気付けるのです。

 

お金について学ぶ

経済観念を学ぶなら、本多静六 著『私の財産告白』がオススメです。

 

クリエイターはお金を稼ぐのが難しかったり、そもそもお金に頓着がなかったりします。

 

しかし現代社会を生きていくためにはお金が必要です。

お金のことを考えたり、稼ぎを求めることを、「悪いこと」「汚いこと」ととらえる人は多いですが、

その発想をやめ、お金のことを真剣に勉強しないと貧しさと延々に付き合うことになります。

この本では、お金の貯め方やお金との付き合い方を学べます。

自分の師匠を作る

『クリエイティブの授業』にも書いてあることなのですが、

「自分の師匠」を作ることが大事です。

 

なので自分の理想とする絵を描く人の画集などを買い、模写したり研究すると良いです。

私の場合はアニメーターの吉成曜さんや芝山努さんの本を重宝していました。

 

最後に

オススメの本が増えるたびにどんどん追加していきます。

 

ちなみに私は紹介した本のほとんどをアニメーターを辞めてから読みました。

仕事を辞め、時間がたくさん取れたことでようやく本を読めるようになりました。

 

そして、「もっと早くこれらの本を読んでおきたかった」と思ったので、今回はオススメ本の記事を書きました。

 

まだクリエイターとして働いていない人も、今働いていている人も、今すぐにでもこれらの本を読んでみてほしいです。

ABOUT ME
bebe
bebe
アニメ業界で得た知識や情報、自分の考えを伝えるためにブログを書いています。 アニメーターやクリエイターに技術の修練より大切なことを伝えたい。