アニメ業界

大きなアニメ会社で働くメリットとデメリット

どこからが大きな会社というのか判断が難しいですが、仮に社員100人以上の元受け会社とします。

私はそのくらいの規模のアニメ会社で1年間アニメーターとして働きました。

そのメリットデメリットを伝え、これからアニメーターになりたい人や、スタジオを変えたいと思っているアニメーターの参考になればと思います。

 

私は2012年から2013年の1年間、大きなアニメ会社で働きました。

ここでは社員として働いている人が多かったですが、

私は社員として入社したわけではなく「とりあえず社内で仕事をし、業績を見て将来的に社員の可能性もある」という状態でした。

固定給と保険

大きな会社ほど、社員制度、つまり固定給がもらえることが多く、保険なども与えられます。

 

固定給の量ですが、会社によって多少差はあるでしょうが、

かろうじて生きていくことのできるギリギリの給料が毎月得られます。

この固定給はメリットと言い切れず、

固定給ゆえに過剰に仕事を振られ、社員ゆえに仕事を断れない

ということが起こります。

 

これを狙って、仕事を断らなさそうな真面目な人ほど優遇されることもあるので、

自分の技術を評価されているのか、自分の性格を利用されているのか、

冷静に考えて決断してください。

 

しかし、固定給ゆえにフリーランスのように

仕事量の上下が生活の危機に直結しないとも言えます。

仕事の事だけ考えられる

仕事面に関しては、新人の指導係にならない限りは

仕事中は自分の仕事のみに集中できます。

 

本当にありがたいことに、雑務は制作さんがやってくださることが多いです。

(本来制作さんの仕事ではありません。制作さんの存在の重要さもいずれ

別記事で書きたいです)

 

また社員が多く、協力会社も多く、海外ともパイプがあったりするので

一人が会社を休んでもカバーがされやすい

ともいえます。

 

契約上は自社の作品のみ作業可

社員といて働いている場合、他社の仕事ができません。

契約内容によりますが固定給を払っているのだから基本、

自社の仕事しかしてはならない

 

ということになっていますが、

「かなりの人がこっそり他社の仕事をしており、

会社側もそれを知っているけれど見て見ぬふりをしている」というのが現状です。

 

もともと契約書を交わさない文化のアニメ業界なので、

契約書を交わしていてもあまり意味をなしていません。

なにより副業をしないと収入、モチベーションがもたないので

お互い突っ込みづらい問題なのだと思います。

 

結局、契約書があってもなくても無法地帯なのです。

この「契約書の軽視」はこの業界ならではのもので、

他に類を見ないと思います。

 

クオリティ向上への意識

これは個人的な感想ですが、

会社が大きいほど「クオリティ向上への意欲」が低いような気がします。

人数が多いことでより、工場感が出て「納品させること、出社していることが番大事」となているのだろうと思います。

そのせいもあってか、あまり会社全体の協力感は薄く「個人個人が勝手に頑張る」といった感じです。

 

その結果、

「自分が会社の役に立っている」という実感があまり感じません。

私は工場の流れ作業のバイトをしたことがありますが、

それに近い感覚です。

 

これは人によっては好みが分かれやすいところだと思います。

私はこれが思っていたよりも辛く、

「自分がいなくても問題なく仕事は回るんだろうな」という気持ちになっていきました。

その状態が辛く、大きい会社も辞めました。

 

まとめ

大きな会社のメリット

固定給がある。

作画作業に集中できる。

自分が休んでもなんとかなるだろうと思える。

良くも悪くも収入、生活水準が安定している。

 

大きな会社のデメリット

固定給ゆえに過剰に仕事を振られ、社員ゆえに仕事を断れない。

工場的で、会社の役に立っているという実感が得られない。

他社の仕事はできない(ということになっている)。

クオリティ向上の意識が薄い(傾向にある)。

契約書があるからといって安心できない。

 

私は小さな会社では4年働いているのに、大きな会社は1年で辞めています。

上記のような理由に加え、大きな要因はやはり人間関係です。

 

小さな会社では親しい友人がいましたが、

大きな会社では友人ができず居心地が悪くなってしまいました。

 

「それは仕事と関係ない」「甘えだ」という考えもあるでしょうが、

私は人間関係が良好でないなら一人のほうが良いと考えました。

 

何を仕事に重きを置くかは個人の自由なので、

今働いている人は自分の価値観を大事にして仕事場をえらんでみて下さい。

 

ABOUT ME
bebe
bebe
元アニメーターの経験を元に『アニメーターになる前に知っておくべきこと』を伝えます。