うつ病の話

うつ病のアニメーターが傷病手当金をもらうまでの方法

うつ病でアニメ会社を辞めた友人から辞めるまでの行動を聞き、

傷病手当金をもらうまでの方法をまとめました。

うつ病で通院しながら働いてる人や、

うつ病かもしれないと苦しみながら働いてる人の参考になればと思います。

 

うつ病で苦しむ人たちのが苦しい理由として、症状のことだけでなく

「つらいけれど、給料のためには働かないといけない」

というのがあると思います。

しかし、「会社を辞めてもお金がもらえる方法があります」

その方法を友人から体験談として細かく聞いてきたのでまとめした。

 

ただし、あくまで一例に過ぎないので、個人によって手続き等が異なる可能性があります。

思い通りの結果が得られなくとも、当ブログは一切責任を負えません。

それを踏まえたうえでお読みください。

心療内科でかかった金額

うつ病の疑いがあれば、精神科や心療内科に通うことになると思います。

今回は町の小さな心療内科のケースになります。

 

病院代は1回1400円、薬代は2週間分で1600円でした。

2週間に1回通院したので2週間ごとに3000円です。

なので通院、薬代で月に約6500円ほどかかっています。

 

そしてうつ病の診断書を書いてもらうのは5000円かかります。

これは、こちらから言わないと書いてくれないこともあるそうです。

積極的にお願いしましょう。

 

アニメーターの場合の傷病手当金の貰い方

うつ病が原因で会社を休んだ場合、傷病手当金がもらえます。

傷病手当金とは、ケガや病気で働けなかった間分のお金がもらえる制度です。

休んだ期間の給料分の3分の2の金額がもらえます。

 

これをもらうには、

「最低月1回病院に通い、医者にこの制度を使うと伝える」

「会社にこの制度を使うことを伝える」

というのが必要なのですが、

友人の場合は自分から言うまで、病院も会社もこの制度を教えてくれませんでした。

会社、病院によるでしょうが、

命に係わることですら、ただ待っているだけでは教えてもらえないこともあるのです。

 

 

詳しいやり方は自分の所属している健康保険会社に聞くと全て教えてもらえます。

まず必要書類に自分が記入し、

次に医者に記入してもらい(300円かかる)、

そして自分の働いている会社に持っていきます。

 

そうすると傷病手当金が会社から給料ということで振り込まれます。

(1回目の申請は振り込まれるまでに1か月ほど時間がかかることもあります。)

 

退職後も傷病手当金は貰える

毎月申請する必要がありますが、通院して医者に書類を書いてもらえば、

退職後も傷病手当金がもらえます。

 

会社が原因でうつ病になったからといって、会社を辞めてもうつ病が治るわけではありません。

退職後にすぐ転職してバリバリ働く!とはいかないのです。

しばらくは休養する事が多いかと思います。

 

なので退職後も傷病手当金をもらう手続きをしておきましょう。

退職後は会社側記入欄は必要無くなり、お金は健康保険から振り込まれます。

 

傷病手当金をもらうまでの流れは以上になります。

 

うつ病になっても会社や病院は助けてくれない。

今回友人が通った病院は協力的でなく、まともに患者のことを考えてくれない医者でした。

「良い病院を探し、良い先生に見て貰えればよかったのに」

と、今元気な人は思うかもしれませんが、

うつ病にかかると、自分で病院を探すのも医者を探すのも容易ではありません。

 

頭は普段のようには働きませんし、ましてや薄給のアニメーターでは交通費すら多大な出費になるので

「近所の病院に行く」ということしかできませんでした。

うつ病患者全員が必ずしも、病院に行って薬を飲めば治るという訳ではないのです。

だからこそ重症になる前に行動してほしいです。

 

少なくともアニメ会社はうつ病の社員を助けてくれないことがほとんどです。

あまりにもうつ病に対する理解がありません。

「うつ病は病気ではなく甘えだ」という前時代的な考えの会社が非常に多いです。

 

そうなると、うつ病の問題はすべて自分で解決しなければならなくなります。

しかし、働いている間は疲れていて自分で調べることが出来ません。

そうしてるうちにうつ病は進行してしまいます。

なので症状が軽いうちに通院などの対処をすることを勧めます。

 

もちろん、家族や友人、会社の人など信用できる相手がいれば、

相談、協力してもらった方が良いです。

 

どちらにしても、過労で肉体的、精神的につらい場合は、

「休む」ということが1番大切になります。

休んで、少し元気になって初めて、

仕事以外のことを考えることができるようになります。

 

健やかな頭の状態でないと、まっとうな判断はできなくなってしまうのです。

 

ABOUT ME
bebe
bebe
元アニメーターの経験を元に『アニメーターになる前に知っておくべきこと』を伝えます。