アニメ業界

アニメ業界が発展するために必要なこと

アニメに限らず、ものには発展と衰退があります。

どんなものが発展し、そしてどんなものが衰退していくのか考えました。

アニメ業界は誰が支えているのか?

有名なアニメ監督か?

人気アニメスタジオか?

超一流アニメーターか?

 

様々な考えがあると思いますが私の考えは、

「たくさんの業界志望者の存在が、その業界を支えている」です。

 

私はアニメーターだったのでアニメーターに関して言いますが、

高い技術や地位をもっている人はそんなにいません。

どの業界でも一流の職人の数は少なく、それを目指す未熟な人の方が数は多いです。

 

そして「一流ではないけれどそこそこ高い技術」を持っている人ほど、

「自分たち(作画の上手い人間)がアニメーター(アニメ業界)を支えている」と思いがちです。

なので下手な人間を軽視し「下手なやつは辞めろ。それが業界の為だ」と言ったりします。

 

作画の上手い人たちはアニメーター界を支えているのではありません。

作画の上手い人はアニメーター界を引っ張っているのです。

 

そこを勘違いしていると、

作画の上手い人は「自分たちのおかげでこの業界は成り立っていて、下手な人間のせいで足を引っ張られている」と考え、

作画の未熟な人は「自分たちが足を引っ張ってる。業界のために辞めるべきでは?」と考えてしまいます。

 

ではアニメーター界を支えているのは?

たくさんのアニメーター志望者や、たくさんのまだ未熟なアニメーターです。

その人たち無くして、今のアニメ人気はありえません。

 

アニメが存在できる理由

これは私の持論ですが、

アニメは娯楽であり、興行です。

娯楽や興行は、世の中に多くの業界志望者と、多くの消費者がいないと成り立ちません。

 

そして多くのアニメファンが「アニメが大好きで、アニメを見たい!」と思ってくれてるからこそ、

アニメに価値が生まれるのです。

 

アニメーターに置き換えても同じです。

たくさんの人が「アニメーターになりたい!」と思うから、「アニメーターという存在」に価値が生まれるのです。

もしたくさんの下手なアニメーターがいなくなったら

考えてみましょう。

世の中のアニメを上手いアニメーターだけで作ったら・・・

 

作画の質はものすごく上がるでしょう。

しかし、「上手いアニメーター」は人数が少なく、

「下手な原画、動画、海外の人材」もいないので、

作業期間は今よりもずっとかかりアニメ作品の本数が減ります。

 

テレビアニメは年に1作品、月に1話。

劇場アニメは5年に1つ。なんてことになるかもしれません。

そんなことになってしまえば、アニメ業界はほどなくして衰退します。

 

アニメ業界の発展に必要なこと

以上のことから考えると、アニメ業界やアニメーターが発展していくために必要なことは

「下手な人を辞めさせる」ではあり得ません。

本当に必要なのは、アニメーターになりたい人や現役アニメーター、そして絵を描きたい人たちへの正しい教育です。

 

あらゆる「プロ」の業界にはプロの指導者、コーチ、トレーナーがいますが、

アニメ業界は、プロスポーツで言うと現役の選手が兼任しているような状態です。

 

技術の高い人が指導も上手いとは限らないのに。

 

だからこそアニメ現場に、専属の指導者がいるべきだと思います。

 

関連記事↓

 

アニメーターのための教育とは?

現役のアニメーターへの教育はとても大事なのですが、

現場が望んでいるのは即戦力であり、業界入りしても壊れるまで使い、

壊れてしまったら辞めろと言い、奇跡的に壊れなかった人だけ生き残る。

 

これでは人は育たず、そんな現場で働きたいと思う業界希望者はいなくなっていきます。

 

だからこそ未来のアニメーターのために、

アニメーターになりたい人たちには絵を描く楽しさを伝える教育を、

今アニメーターをやっている人には絵を描く技術を伝える教育が必要なのです。

 

それができれば、アニメ業界の未来はもう少し明るくなるのではないでしょうか。

 

数人の天才で引っ張るだけの業界は、その人たちの寿命とともに消えてしまいます。

 

関連記事↓

ABOUT ME
bebe
bebe
元アニメーターの経験を元に『アニメーターになる前に知っておくべきこと』を伝えます。